理学療法士の国家試験の合格率の高さに油断しないで学ぶ姿勢が大切
ロゴ

理学療法士の国家試験について~合格率と難易度の関係性を知る~

理学療法士の国家試験の合格率の高さに油断しないで学ぶ姿勢が大切

男性

理学療法士の国家試験の内容とは?

理学療法士の国家試験の内容は一般問題と実地問題から構成されています。一般問題は1問1点になっており160問出題されます。中身としては解剖学やリハビリテーション医学などから出題されます。実地問題は実習で学んだ事の中から出題され運動学など様々な問題が出題されるでしょう。学校で学習した内容にプラスをして、実地を通して学んだ事をいかにテストに活かして行く事が出来るかが大切です。学校で学ぶ事以外にも患者さんとコミュニケーションを図る中で得る物もたくさんあります。その部分に関しても出題されるのできちんと試験対策をする事が大切です。

高難易度にも関わらず合格率が高い理由

理学療養士の合格率は80%程度と高くなっていますが、もちろん試験内容が簡単な訳ではなく、高難易度なっています。ではなぜ合格率がここまで高くなっているのかと言うと、理学療養士の国家試験を受ける為には養成校で3年以上学び、専門的な知識を身につける必要があるからです。
専門学校や大学に通う事で、受験者の多くが高いスキルと専門性を身につけており、それにより合格率も高くなっています。また、近年合格率が多少低くなってきており、より高い専門的な知識が必要とされている事が分かります。その為、試験を受ける際はきちんと準備する事が大切です。

理学療法士の国家資格に合格するための準備

国家資格を取得する為には徹底した準備が必要です。
受験する年度によっても合格率が異なりますが、どんな問題が出てもしっかり対応する事が出来る対応力が必要になるでしょう。書店では国家試験の過去の問題集なども販売されているので、その様な物も事前に準備して学習を進める事が大切です。

広告募集中