こちらもチェック!話題の記事一覧

メンズ

自分自身と相性があう理学療法士専門学校を見つけよう

理学療養士を目指す場合の専門学校選びもとても重要です。近年理学療養士の需要が高まっており、選べる専門学校も増えてきています。その為、専門学校を選ぶポイントはどの様なのかしっかり覚える事が大切です。

READ MORE
男女

合格率が高い理学療法士を目指す際の心得とは

国家資格である理学療養士の合格率は平均80%と高くなっています。しかし、だからと言って油断は禁物です。受験すれば誰でも受かると言う物では無い為、国会試験に向けてどの様に勉強するべきなのかしっかり覚えましょう。

READ MORE
複数の人

理学療法士専門学校と通信講座の活用法について

専門学校に通い理学療養士を目指す人も多くなっています。そんな専門学校に入る為の申し込み方や卒業までの流れ、そしてどの様な人が理学療養士に向いているのかしっかりチェックしましょう。

READ MORE
男性

理学療法士の国家試験の合格率の高さに油断しないで学ぶ姿勢が大切

合格率が高い理学療養士ですが、なぜ合格率が高いのか、またその中身はどの様になっているのでしょうか。また、それに向けてどの様な勉強をする必要があるのかもしっかりチェックしましょう。

READ MORE

理学療法士とは?

高齢化社会の日本において、今必要とされているのが理学療法士の力です。
この理学療法士とは病気や怪我や老化などにより、手や足など体に機能障害がある人に対して機能の回復の為のサポートを行う仕事です。

理学療法士が活躍する職場5選

病院(大学病院・総合病院・個人病院等)


理学療法士の8割程度は病院で活躍をしています。
病院では医師の指示の元、患者さんのリハビリのお手伝いをしたり、回復の為のプログラムの作成をしています。

介護保険施設(老人ホーム・通所リハビリテーション施設等)


介護保険施設では、入所している利用者に対して出来るだけ自立した生活を送る事が出来る様に体の機能を回復させる為のリハビリなどを行っています。

スポーツ関連施設(プロのスポーツチーム等)


プロスポーツチームなどに所属し、スポーツにより怪我を人に対して機能回復の為のリハビリや、怪我をしにくい体づくりのお手伝いなどしています。

教育施設(理学療法士養成校等)


理学療法士養成校などで専門的な知識を教える為に教員として活躍をしています。
養成校の数も年々増えてきており、将来の理学療法士を育てる為に日々奮闘しています。

行政機関(保健所・市役所等)


保健所や市役所で公務員として働いています。
行政機関での仕事内容としては事務作業や受付業務の他に、地域の健康促進活動なども行っているでしょう。

[PR]理学療法士の合格率を知りたいならチェック★
全国の平均を見られる♪

[PR]柔道整復師を目指す
入学案内を調べておこう

[PR]医師事務作業補助を知っておこう
詳しくはサイトまで★

専門学校に通って理学療法士として活躍しよう

勉強する人

理学療法士になるための必須条件

理学療法士になる為には国家資格が必要です。その為には理学療法学科がある大学や専門学校に通う勉強があります。
きちんと学校に通い、専門的な知識を身につける事で国家資格を受験する資格を得る事が出来るので、しっかり勉強しましょう。

理学療法士の仕事内容

体の機能低下がある人に対して、その機能を少しで回復させる為のリハビリを行うのが理学療養士の主な仕事です。
その他、リハビリの計画書の作成など、書類作成も行っています。また、養成学校での指導や地域での活動など様々な仕事をしているでしょう。

広告募集中